2009年01月17日

寒い日のぜいたく

 末端冷え性ゆえ(いずれは改善したいですが)、冬は辛い季節ですが、それでも温かい部屋でお茶菓子を楽しむという、読書人の王道の楽しみがありますね。
 しかし、毎回、ケーキやクッキーでは、おなかがドシーンと重い、しかも眠たくてたまらないとなれば、大変! 読書で居眠りなんて、もったいないではありませんか!

 そんな時は、ジャン! ブラックコーヒーと、なるべくならバニラ味のアイスクリームをどうぞ。気難しげで苦み走ったコーヒーと、すぐにとろける、なつかしいミルク味のアイスクリームは、ベストカップルです。
 さて、主役のアイスですが、濃厚な高級品がいいのか、それとも日常のおやつ価格のものがいいのでしょうか? 好みが分かれるところですけれども、私はチープな方が好きです。
 なぜなら、淡くはかない味わいは、まさに雪や氷のかけらを口に含んでいるようではありませんか? ほろ苦い失恋小説に向く味わいですねえ。
posted by 紅林真名 at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。